sparkly-island.com

ナビゲーション: トップ > アコンプリア販売中止のワケ

アコンプリア販売中止のワケ

アコンプリアが販売中止になりました。

しかし、それはヨーロッパでの話です。
フランスの製薬会社であるサノフィ・アベンティスによって、
ヨーロッパの市場に出て置いた抗肥満薬"アコンプリア"は、
先週販売停止になりました。

それは脳神経に作用することにより言われています。
また、それほど重量超過の欲求の廃止が扱われます。
いわば、それはヤセ薬です。

それは販売停止になったかに関して発表されました。
何故かと言うと、このアコンプリアが重大な副作用が受理されたという
取り締まり機関による調査の結果が、2006年の販売の後に発表されたからです。

副作用を備えたものは「抑うつおよび自殺企図」という症状が現れました。

自殺がこの条件によって向けられた場合が中にあったので、
アメリカで実際行われたアコンプリアの臨床実験によって、
アメリカの帰省当局(FDA)では、アコンプリアの販売は認識されませんでした。

その後、ヨーロッパで、アコンプリアは市場に出ましたが、
副作用に関する調査はこれまで行なわれました。

その結果「抑うつおよび自殺企図」の条件はまた受け入れられます。
減量行為に対応する安全性だけが安全にならないという結論は到達し、
それは販売停止に帰着したと言われています。